徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

メンヘラの夜

池袋で酒を浴びるほど飲んでいたら終バスを逃して駅から家までの2キロをタクシーで帰り、タクシー代でネカフェに泊まればよかったということに今更気づいて絶望している深夜3時、しずくです。

 

2月20日

午後5時、池袋駅に降り立つ。駅前のゲーセンのUFOキャッチャーで3,000円を溶かす

 

午後6時、セブンに行きATMから現金を下ろす。ふと目についたストロングゼロ、ロング缶を2本買う。西口の広場で飲む。すきっ腹に酒を入れたのでめちゃくちゃ腹が痛くなる。

 

午後7時、マックに入り適当な飯を入れ腹痛が和らぐのを待つ。円光おじさんとJKの組み合わせを見て日本の闇を感じる。

 

午後8時、お酒出ようとテンションが下がるタイプなのでダウナーに決まりTwitterで荒れる。

 

午後9時、待ち合わせの後輩がスタバの新作を飲みたいというので買いに行く。自分はコーヒーにする。メンがヘラる。りあじゅうしね。

 

午後10時、後輩が来る。居酒屋に行き飲みなおす。あるこーるおいちい!!!!

 

午後11時、ばさしおいしい、からあげおいしい、おしゃけおいしい、うへへへへへhhh

 

午前0時、終バスを逃したことに気づく。終電があるからって後輩が帰るので自分も帰ろうとしたら終電が死んでいた。

 

午前1時、何とか最寄りまでたどり着く。金に物言わせた。

 

午前2時、長年のフォロワーと通話してたらいつの間にか後輩だったのに同級生になっていた上に春から先輩になるらしくてメンタルが死ぬ。

 

午前3時、クソブログを書く。

 

 

人生を感じた

 

 

 

大体普通に生きるってのが難しいわけだし死んだほうが手っ取り早いよね

 

 

死ぬなって言われたから今日は死なないでおいてやるよ!!!!ほめろ!!!!!!!

 

 

毎日の生活に実感がない

気づいたら夜になって寝るだけ

明日も多分そう

このまま漫然と生きて浪費するくらいだったら死んだほうが…ね

 

 

 

続・死ぬ話

 

spleen.hateblo.jp

 まあやらかしましたね。自殺未遂未遂くらいで留まったけど。

 

精神病棟24時です。1年3か月ぶり2回目です。

 

希死念慮憎悪ってのが主訴ですかね。

 

僕の中で死にたいが3種類くらいあって

 

1つ目が自己価値観の低さ。本当にどうしようもないクズだと思ってる。自分のためにも家族のためにもひいては社会のためにも殺すべきだと思ってる。さっさと死ね自分。

これが突発的に来る非常に強い自殺衝動。でも頓服薬である程度落とせるのと時間がたてば消えるので比較的なんとかなる。何とかならなかったのが前回の入院。

 

2つ目は将来的希望のなさからくる死にたい気持ち。今日がいい日だったので明日苦しい思いして明後日の幸せをつかみたくない。そもそも明後日がいい保証なんてどこにもない。ていうか今日もそんなに幸せじゃない。もうなにも幸せじゃない。幸せが感じられない。自分のことだと思えない。多分解離性障害もあるしなおさら感じにくいのでは?ていうかもうなんかすべてがふわふわしていて生きている実感がなくてつらい。こんな苦しい思いをするなら生きる意味などあるのだろうか。ないです。死にます。

これがストレス下で発生する自殺衝動。これは中長期化して死にたいので厄介。抗うつ薬と適度な睡眠である程度良くなる。

 

3つ目が一番厄介超長期持続的にくる死にたい。これは本当にどうしようもない。常に一定ラインに感情があって普段は色々な感情で消されるけど鬱っぽくなって感情が鈍ったり上2つと一緒になると一番手が付けられなくなる。本当に死にたい。今回の入院はこれ。

 

以上が死にたい理由です。上2つは消せたり論破させるなりできるかもしれないけど一番下が発覚したので無理。本当に無理。

 

今回主治医から死が近く感じられる状態は危険といわれたけど僕の感覚からすれば

「生が遠い」である。生きるって何だろうわからない。

 

生きてみたいけどすべての行動が死につながっているって考えちゃって何もする気が起きない。人類みな最後に待つは死よ。いかにして生きるかだろうけどもう僕には何にもわからない。では。

 

2018年12月7日 5階の地獄へ続く窓から夜を眺めながら  しずく

恋をした話

一年ちょっとぶりに恋をした。

 

人生鬱々ブログこと徒然ですが

 

たまにはキラキラしたことを書こうかなっと

 

人生が輝いて見える。すべてあの人のために消費してしまえる気さえある

 

時間も金もこの命すらあなたのために消費してしまおう

 

いわゆる恋して恋に溺れている時期なんですわ

 

その声がその笑顔がその謎なダンスすら愛おしい

 

脳裏に網膜にすべてを焼き付けておきたい

 

僕が逝く前に逝ってほしい人だ

 

きみが悲しむことはない

 

残される悲しみはすべて僕だけで十分だ

 

もうちょっとだけ一緒にいたかった

元元元カノと会った話

前前前世かよ

 

お久しぶりです。

昔の彼女です

 

 

一言で表すなら

 

無理

 

以上です。

 

 

いやだって無理なんだもーん

もっと言えば死ね

 

いや失ってから大切さに気づくとか言うけどないわ 

 

全くなかった

 

 

そういうわけで何もかも無に帰したからさっさと適当な男捕まえて結婚してくれ

 

こっちくんな

 

人間嫌い、勃発

生来人嫌いなのである。無理なもんは無理。

 

自己中だとは思うが仕方ないので仕方ないのだ。

 

メンタルがヘラっているとき、人恋しくなっていろんな人間関係を築く。

これが問題なんだな。メンヘラだから仕方ないじゃん。

 

まあ人間関係というのは維持が大変だし、そこの根本が自分のヘラっている時期中心だとちょっと偏った人間関係しかできないわけ。

 

そんで最近。

 

メンタルが復活した。夏だからね。夏サイコー!!イエェーイ!!!!

そうして煩わしくなってくるのが人間関係である。

 

 

正直自分の欲求が満たされればいいと思ってる。

他人なんてほっておいても死にやしないだろ

 

こういうね、性根がねじ曲がってアクロバットしてるから駄目なんだよな。

 

まあそういうわけで(どういうわけ?)メンヘラ期に築いたメンヘラ人間関係を切りたい。ひたすらに切りたい。めんどいもん。

 

そして切ろうとした結果刃物が出てくるんだけどそれはまた別の話…。

 

そもそもが共依存みたいになっちゃうじゃんメンヘラの人間関係って。もしくは依存される側か依存する側。

こういう感情の起伏が激しい人の相手なんかしてらんないっしょ普通。

メンタルが元気な時期に築いてヘラった時にも続いてる人間関係は比較的まとも。

でもメンヘラな時に築いた人間関係はひたすらにめんどくさいというか、なんでこんな奴と話してたんだ?ってくらい元気な時期に話すと無理になってしまう。

 

そしてこんな奴に依存してた自分も嫌いになるしこんな奴に依存されて気持ち悪くなるしちゃんと一定の距離感がないとダメんなるねって話でした。

 

人間やめてえな

 

 

 

今週のお題を書く話

今週のお題「あの人へラブレター」

 

おおぉい!!!傷心なのにピンポイントやんけ!!!

 

というわけで誰に書くかといえば

 

spleen.hateblo.jp

 ここに載ってるひとたちに書きます。

 

三年前のバカへ

散々弄んでくれましたね。許さねえからな。あ、でもお前のおかげで東京来れたからいいや。許す。せいぜいクソ田舎でクソみたいに生きて幸せに死んでくれ。

 

二年前のバカへ

お前はもう少し精神安定して。いい女なんだから。最近またなんかしでかしてるみたいだけどちょっと自重するといいよ。なんかいろいろと頑張ってな。幸せな人生が待っていますように。

 

去年のバカへ

お前ほんっと飽き性なとこ以外はまーじでかわいいんだから僕のことなんてさっさと忘れて新しい彼氏作れよ。ほんと、忙しそうにしてるけどきっと将来につながると思って。応援してます。

 

最後に今年の子へ。

かくぞ!!!!!!

 

こんにちは。突然の手紙でごめんね。

あなたに会えるたびに元気をもらっています。いつも元気いっぱいなあなたと一緒に生きていきたい。それと、こないだはすごく楽しかったです。あの時の楽しさがずっと続けばいいのにって何度思ったことか。

そんなあなたが好きです。必ず幸せにします。付き合って後悔はさせません。

お付き合いしていただければ幸いです。よろしくお願いします。

今回はお時間いただきありがとうございました。

 

ていうか書けるわけなくね。書けないです。つら。文字の一つ一つの愛が重すぎる。

 

もっとこう…なんか…詩的に

 

四畳半の地球で君に会いたい。

 

このフレーズ大好き!次の歌で使お!でもちがうね!

 

なんだろねラブレターって

愛とは…?