徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

忘備録

今回の台風19号に関して

 

86歳の夫婦の最期の交わした言葉が「長い事世話になったな」であった

 

家族で崩落した道路に落ち3人死亡1人行方不明となった

 

人が50人以上亡くなったんじゃなくて

1人死ぬような大事が50回以上起こったという

 

こんな、こんな事があった日、わたしは何をしていたのだろうか。

 

 

こんな別れを想像もせずのうのうと茶を飲んでいた。

 

こんな事故を想像もせずのうのうと布団で寝ていた。

 

わたしは、人が理不尽に死ぬ事だけは許せない。

 

こんな事を許した周りの人間が許せない。

こんな事を許した世論が許せない。

こんな事を許した政治が許せない。

こんな事を許した自分が許せない。

こんな事を許した運命が許せない。

 

生など宇宙揺らぎで存在に意味などなくただ時の流れに沿った粒子の運動のみが在ると。

そんな事を考えていた。

それは万物の全てを一般化したものであって。

 

植物の話ではない。

動物の話ではない。

人間の話ではない。

君の話ではない。

 

ただ万物が、それであって。

それは、万物ではない。

 

 

それだから君が死ぬ理由にはならない。

それだから新聞の向こう側のあなたが死ぬ理由にはならない。

それだからテレビの向こう側のあなたが死ぬ理由にはならない。

それだからネットの向こう側のあなたが死ぬ理由にはならない。

それだから、貴方達が死ぬ理由にはならない。

 

幸福であれ

今すぐは無理でも

きっといつか、いつか

万物の生の意味が、幸福で在る為と

ならん日が来る事をわたしは祈っている

 

 

 

僕の人生の1つの願いとして

信じてほしい

 

どうか

 

困難に立ち向かうとき、あなたの横にいることを

 

悲しみに暮れるとき、あなたのそばで泣くことを

 

あなたが傷ついたときに、あなたの痛みを分かち合うことを

 

あなたの幸せを誰よりも願っていることを

 

なんでもいい、何かあったときにぼくがあなたのそばにいることを、信じてほしい

 

あなたの嫌いなピーマンを食べよう

 

雨の降る塾の帰りには迎えに行こう

 

あなたのため、それはぼくの魔法の言葉だ

 

まだ見ぬあなたの幸せを心から願っている

 

 

 

 

いつか、いつか幸福にならんことを

いつか夢をかなえる僕へ

 

いつか幸福になる僕へ

 

きっとその日が来たらんことを

 

その日のために

 

 

今必死に生きています

 

 

 

何者にもなれず

 

何かをなすこともなかった

 

何も遺せないでいる今の僕が

 

いつか

 

いつか

 

幸せに死ねる日が来ることを祈っています

 

 

 

 

きっと誰かのために死ねる日が来ることを

きっと誰かのために生きれる日が来ることを

 

 

誰かの生きる意味になれるなら

誰かを生かす意味になれるなら

 

そのための準備期間だと

言い聞かせています

 

 

いつかはばたく日のために

羽ばたいては墜ちる日々だと

 

誰かの心に空いたその穴を

埋める日々でありたい

動きを止めたその心臓を

動かす理由になりたい

 

 

 

まだ見ぬ誰かへ

もしくは

もう知っているあなたへ

 

今はつらいかもしれないし

幸せかもしれないし

どんな人生かわからないけれども

 

きっと僕が

貴方のために生きてみせます

貴方のために死んでみせます

 

 

いつかその日が始まるときまで

いつかその日で終わるときまで

 

ちょっとめんどくさいかもしれないけど

生きて待っていてください

 

僕も

あなたのその

意味になれるように

 

この素晴らしい世界を生きていきます

 

 

 

 

 

人生折り返し点の話

今年も上半期が終わる

 

勝手に終わっていった

 

返せよ、俺の半年を、青春を、人生を

 

好きな人もできた

 

結局好きな人の好きな人は僕ではなかっただけだが

 

自殺もしてみた

 

結局人生の無駄遣いをしただけだった

 

とまあ口を開けば女の話か自殺の話しかしないクソのブログをお読みいただきありがとうございます

 

何回も言うが漫然と日々を過ごしているだけならさっさと自殺したほうがいい

 

何も成さないし成せないならムダ金使う前にサクッと終わらせるのも手ってね

 

人生百年時代、とは言うものの健康寿命的に四十過ぎれば折り返しなんだよな

 

ということは今よんぶんのいち終わったあたりなのか

 

あと三回このクソみたいな人生と同じ時間を過ごすのが苦痛で仕方ない

 

 

 

近況報告

勝手に自殺していた

 

結局失敗したし精神病棟にもぶち込まれていた

 

任意だからまあ自分から飛び込んで行ったって表現の方が正しいのか?

 

2月末から過活動なのか躁なのかわからん状態が続いていてだんだんと自分の首を絞めていった

他人からの介入はほとんどなく、まあ自分の責任だよなぁこの年だもんな、緩やかに自殺のステージが整っていった

 

自殺する前の2週間は思い出づくりに徹した。

いろんなことをしてみた

本当に色々していた。書けないこともちょっとした。

 

自殺を決行するのは5月31日と決めた

 

その矢先親が来てストレスがマッハで溜まって一気に身体症状も精神症状も出てきたのでそのまま自殺した

 

5月26日であった

 

その後救命処置を施され一命を取り留め今こうしてのうのうとキーボードを叩いている

 

 

 

 

僕の愛するすべての人へ

ただただ幸福になってほしい

 

ただ結局それは僕の幸福論の押し付けで

 

僕がこんなこと思わなくても幸せになっている

 

結局愛したとかは欺瞞で偽善で

 

孤独に今日も空に向かって

 

愛を唄っている

 

 

 

 

メンヘラの夜

池袋で酒を浴びるほど飲んでいたら終バスを逃して駅から家までの2キロをタクシーで帰り、タクシー代でネカフェに泊まればよかったということに今更気づいて絶望している深夜3時、しずくです。

 

2月20日

午後5時、池袋駅に降り立つ。駅前のゲーセンのUFOキャッチャーで3,000円を溶かす

 

午後6時、セブンに行きATMから現金を下ろす。ふと目についたストロングゼロ、ロング缶を2本買う。西口の広場で飲む。すきっ腹に酒を入れたのでめちゃくちゃ腹が痛くなる。

 

午後7時、マックに入り適当な飯を入れ腹痛が和らぐのを待つ。円光おじさんとJKの組み合わせを見て日本の闇を感じる。

 

午後8時、お酒出ようとテンションが下がるタイプなのでダウナーに決まりTwitterで荒れる。

 

午後9時、待ち合わせの後輩がスタバの新作を飲みたいというので買いに行く。自分はコーヒーにする。メンがヘラる。りあじゅうしね。

 

午後10時、後輩が来る。居酒屋に行き飲みなおす。あるこーるおいちい!!!!

 

午後11時、ばさしおいしい、からあげおいしい、おしゃけおいしい、うへへへへへhhh

 

午前0時、終バスを逃したことに気づく。終電があるからって後輩が帰るので自分も帰ろうとしたら終電が死んでいた。

 

午前1時、何とか最寄りまでたどり着く。金に物言わせた。

 

午前2時、長年のフォロワーと通話してたらいつの間にか後輩だったのに同級生になっていた上に春から先輩になるらしくてメンタルが死ぬ。

 

午前3時、クソブログを書く。

 

 

人生を感じた

 

 

 

大体普通に生きるってのが難しいわけだし死んだほうが手っ取り早いよね

 

 

死ぬなって言われたから今日は死なないでおいてやるよ!!!!ほめろ!!!!!!!

 

 

毎日の生活に実感がない

気づいたら夜になって寝るだけ

明日も多分そう

このまま漫然と生きて浪費するくらいだったら死んだほうが…ね