徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

金で愛は買えないが

愛で金は買えるの?Twitterで言ってたw

 

『輪舞 - revolution』は良曲だから聴いて

 

そんな話だ

 

男女の愛においては金と愛というのはよくある話なのでここで書く必要もないだろう。そもそもそんな体験がない。

 

今回書くのは「親子」の愛と金だ。

ここからは親の愛を受けたが親の思っている通りに受け取れなかったクソガキの話である。

 

今の状況として。

1度飛び降り自殺のギリギリで我に返りそのまま休学したあの時に今までの全てが、自分の身に起こったと感じてない状況にある。

高校でメンタルやられたあたりから記憶が曖昧だし体は20過ぎかもしれないけど3歳くらいの愛情とかの求め方をしている。びょうきじゃん?

中学小学の親にされたことなんて部活サボって時刻表投げつけられたくらい。

本当に覚えてないが殺されてないのできっとまだ愛されていたのだろう。

 

よって愛情とかがわからん知らん。「愛した」と親は言えども覚えなし。そんな日々である。クソ親不孝なので一刻も早く自死すべきだと思っている。

 

今回いつになくメンタルがやられてしまい愛に飢えている。優しく…せめて優しくしてくれ世の中…。

そんな中、親は言うのだ。「俺と母さんは、私とお父さんは、お前のことを愛している」と。

 

あいあいあい嘘乙!!!!!!!!!オラ!!!!!!!!!殺してくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!