徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

起きたら集中治療室にいた話

 

 

夢の中というのはどんなことも起こるのだ

だから一凡人の私が大勢の男の人から私自身について詳細に語られることだってありうるのだ。

 

それが夢でなかったとしても…。

 

 

 

 

 

 

 

 

事の発端は六月末。目が覚めたら集中治療室にいた。ここに来た経緯はあまり覚えていないがここにいることがどういうことか私は知っている。

 

 

 

私は死にかけたのだ。

 

 

 

病名はつかなかったが乖離症状であった。

 

つまり私は私自身に殺されかけたことになる。自殺とはまた違った感覚に恐怖と少しの好奇心に支配された感覚のまま私は診察を終えICUを後にした。

 

さて、私が集中治療室で目を覚ましたところからをまず話したい。

 

目が覚めると真っ白な高い天井と動かない体といくつかの体から延びるチューブ。

近視ゆえに時計はよく見えなかったが時計の針が両方とも左側にあり窓の外が明るいことから午前中であることは推測された。しかし日付がわからない。

ナースコールらしきボタンを握らされていたので某人型決戦兵器に乗った主人公のごとく動けと念じてやっと動いた親指がナースコールのボタンを押す。

私が寝たはずの日より二日後の日付を教えられた。

なんかやばいことになっているらしいがなんもわからない。何をやっていたのかわからないしそもそもこんなとこICUにいる時点で何かやべえことはやってるはずなんだけどもわからない。ていうかここ自分の大学の病院やんけ就職どうしてくれるんだ自分。という思考に埋め尽くされる脳。

 

しばらくすると両親が入ってきた。なんか頭覆うやつとかめっちゃつけててそんなことまでして私に会いたかったんかとか考えていた。今思い返すと失礼であるがイカれた奴の思考回路ということで勘弁してもらいたい。何か一言二言しゃべった後すぐ戻っていった。自分が追い返したのかもしれないがその辺は覚えていない。いつの間にかいなくなっていた。

 

また頭がぼーっとしてきたので寝た。寝ていたところを起こされた。寝てるところを起こされるのが一番嫌いなタイプなので非常に機嫌が悪い。精神科医が来たということらしい。しゃあねえなあと起きるとまた両親もいた。まあ自分こんなんだしそんなもんかと思い話を聞いた。

 

まず自分は急性薬物中毒と電解質異常と肝機能障害だそうだ。なるほど服薬自殺か。と冷静だった。

夕方ごろ119番通報があり事件性がありということで救急隊と警察が割といい人数来たらしい。なぜ事件性ありかというと以下の記事を読んでほしい。

 

spleen.hateblo.jp

 

夢のように感じた記者会見は大勢の救急隊と警察官に囲まれたことであったことがわかった。

警察や救急隊に生きづらさとこのまま死ぬのだという話と生きたいという話をしていたとカルテに書かれているよと精神科医は言う。

 

あとは死ぬ前にあなたと話しておきたいと言った人がいるということしか記憶がない。それが誰かも覚えてないが。

 

それはいいとして私は一人暮らしである。救急の通報は誰がしたのかという疑問が残る。まあ結論は出ているのだがそれは認めたくなかった。

自分で死のうとしておきながら自分で救急通報ってダサすぎるでしょ…。

結果として一時的に三人の人格が出ていたということだ。今の私。自殺した私。自殺を止めた私。うーんこれはやばいなと思う。今まで一人で生きていたつもりだったがこんなことになるとは。

 

好奇心もあったが恐怖が打ち勝ったので医者からの入院の勧めにも乗った。

 

精神科の入院には任意、医療保護、措置の三種類が存在する。詳細を書くほど時間がないので個々で調べてほしい。私は任意入院であった。個々の入院形態によって後の人生が変わってしまうことすらあるのだ。

 

ここで外出許可時間が終えそうなのでパソコンを閉じる。入院生活のことについては退院後にまた書こうと思う。