徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

個人的な その1

暇なのでメンタルが死んでいたころの話をする。ぶっちゃけいうと現在進行形でまだよくわかってないので今ももしかしたらダメなままかもしれない。

 

私は子年のB型のRh+で職業は学生のメンヘラみたいなことをしている。

 

メンタルは17の冬に大崩壊したがそこの高校に入るまでの話をする。

 

某県庁所在地で生まれたのち父方の祖父母の家と母方の祖父母の家を行ったり来たりしたのちに小学校に入学する。

 

小学校低学年は母方の祖父母の家から通っていた。祖父は教育者でありリタイア後ということもあったが私のことをよく考えてくれていた。と今は思っているが結構厳しく毎日半泣きであった。また昭和ヒトケタであったが大卒でありいわゆるエリート的な生き方がベストだと常々言っていた。ゆえに私もそのように生きるものだと思っていた。この辺で性格の根幹はゆがみ始めた気がする。

 

小3の時に両親の仕事の都合で引っ越した。県内での引越しではあったが割と大きな県だったので文化圏が違った。人の名前はほとんど覚えないタイプなのであまり馴染めなかったうえにガキ大将の家の近くということでいじめの対象になることにあまり長い時間は要さなかった。クラス替えのある5年生までは地獄であった。

また引っ越し先は父方の祖父母の家の近くでよく面倒を見てくれていたが乳幼児のころであるし私は記憶がないのでやけになれなれしいなと思ってかなりきつく当たっていた。

 

小5前くらいからやっと馴染むことができた。地元のバスケクラブにも入りそれなりに友人も増えた。結構やんちゃしていた時期だったが割と懐かしかった。この時の友達の姉が私を見事に地獄に引きずり込んでくれた。

 

地元からお受験して進学する人も何人かいたが遠くまで電車乗っていくのもめんどくさいのでそのまま公立中学に進学した。中学といえば部活である。先輩後輩という関係にビビっていたが私の部活はほぼ決まっていた、吹奏楽部である。前述の友達の姉が部活の話をしたときにその場のノリであったが吹奏楽もいいなと言った。破滅が始まった。放課後、みんながどの部活にしようかと話しているときクラスが急にどよめいた。女子の先輩三人が呼んでいるから来いというものだった。四月早々に呼び出しなんてこいつは何をしたのかみたいな目線が痛かった。案の定吹奏楽部へ連行された。

 

それからは凄惨なものだった。サボれば母親から時刻表を投げつけられ受験前の先輩からは八つ当たりで3時間説教され同期はドロドロした人間関係で派閥とかやばいし直属の先輩からはなんか知らねえけどめっちゃいじめられて楽器ほとんど吹けなかった。地獄か?吹奏楽部は体育会系。これはガチ。あと女の子怖い、無理。ぶっちゃけここだけで2万文字くらい書けるのだが割愛させてもらう。

 

受験勉強とかあんまり覚えてないけどとりあえず受かったので良かった。本当に覚えてない、記憶がない。たぶん時空飛んでる。

 

気が付いたら地元の公立高校の理数科みたいなとこにいた。この高校こそ僕の人生の大転換点をいくつも超えた舞台である。

 

疲れたのでこの辺で終わりにしてまた書きます。