徒然

大学生の”幸福な”日常のまとめ

幸せについて本気の二割くらいの力で考えてみた

なおこの本文は私個人の意見であるのでなんか腹たったら僕に直接言ってください。

あとこういう事なんだよっていうものだからああこの人(僕)はかわいそうなんだなあとか思ってくれても構わないです。

 

幸せについて考えている。きっかけは昔からの友人(Nくん)に彼女が出来たことだ。

僕にもできた(自己顕示欲)。まあ実際関係あるので

 

まともな女性と恋愛したことがない僕とまともに女性と恋愛したことがないNである。

恋愛相談もとい自棄酒とともに、二人傷口を舐め合い舐め合いすぎてお互いがお互いを夢の中で舐めあうような仲である。

 

彼女である。大惨事である。嬉しいのだ。

先にNに彼女が出来た。まともな女性とまともな恋愛を知らない僕は複雑な心境であった。

複雑もなにもイキるNなんだが、仕方ない初めての彼女なんだ。

そう自分に言い聞かせ核のボタンを仕舞った。

 

少し遅れてだが僕にも彼女が出来た。

 

概要として二人が同じ立場になった。というわけで今まで思考の域を出なかった状況が現実となったのだ。

 

ここで芽を出すのが僕のメンヘラである。メンヘラっていうか双極の鬱相なんだけど。

僕のメンヘラの話もあとで書かなきゃ(使命感)

 

死にたいのだ。何がどうであれこの世のすべてが肯定していようがどんな働きがあれ死にたい。ちょうどいい死に方を探して生きているような日々だ。

そんな僕にNは言った。

 

「彼女がいるのに死のうとするな。彼女を置いて死ねるのか」

 

正直な話だが、なんで彼女如きでって話だ。もちろん彼女は大切だ、好きだし愛というには未熟かもしれないが愛している。それは事実だ。

 

「両親祖父母そしてNと周りの環境全部置いて今まで死のうとしてた人間が彼女の一人や二人で死ななくなると思うなよ」

 

反論である。反論であるが僕はいう気力もなにもなくてそのままにした。Nへ、もし見ているならこれが僕の答えだ。

 

ここからは僕の憶測だ。

多分君はパズルが完成して幸せなんだろう。きっと壮大なパズルだ。何万何億というピースで出来ているんだろう。そのピースが見つかってパズルが完成して幸せなんだ。きっとすべてが大切なんだろう。

 

 ここまで仰々しく語っておきながら自分の幸せについて考えたことがなかったので苦慮している。 6/6

 

なんとか答えは出せた。たぶん僕は1つ1つが幸せで部屋のインテリアみたいなものだ。一時期は暖炉があったりまた一時期はベッドがあったり。今もあるかもしれない。使い捨てというわけではない。写真に撮って残しているかもしれない。ただ手元を離れるだけだ。

 

彼女と結婚するのが決まった訳でもなく、彼女が今までどれほど愛されたか知るわけもなくただ己の愛という形を叩きつけるだけなのだ。みたいな事を言ったら「ドライなのね」と笑われた。6/8

 

なんだこのクソポエムは。と思ったがもう書いたもんは書いたので公開することにする。6/9

 

僕は呪われた村人A

瀕死である。かろうじて動く右手とギリギリの意識で捻り出している。

呪いがやっと全身を冒して僕はこれから途轍もない苦しみを味わう予定だ。

誰が呪いをかけたか?両親祖父母友人先生、多分もっといる。とても強力なものだ。
強力なクセに詠唱が簡単なので非常に困る。僕の状態異常欄は200スクロール分くらいになってしまっている。

「死んではいけないよ」
「幸せになってね」

行動時必要HPとMPが2倍になる呪いと毎ターン終了時MP半減である。

勇者であれば魔王を倒して呪いを解いて姫様と結婚して富と信頼を築けるのだろうが僕は村人Aである。

精神はイかれて「死にたい」なんて思わない日などない。されど死ぬ事は赦されない。
今の苦痛は幸せとは程遠い。死ねたら幸せなのだろう。なんて思う。だって幸せになってって言われたもん。でも死ねない。

精神疾患持ちの戯言と一蹴してくれても構わない。恐らくそういう人は今後無意識に呪いをかけ続ける。
共感してくれた人がいるかもしれない。生きづらいしどうなるかもからない。僕は暇な身なので何かあれ場多少の話は聞ける。
初めて自分が呪われていたことに気づいた人もいるかもしれない。恐らく知らない方が幸せな類の情報だった。すぐ忘れなさい。そして何も知らないまま昨日と同じ今日を生きて欲しい。

無題

そんな大層な話ではない。僕個人のたった20年ちょっとの知見で積み重ねた偏見である。

 

 

 

生死は表裏一体である。死ぬからこそ生きていられるのだ。死が消えたらそれは永遠の生なのか。否。それは生などと呼べる代物ではない。

 

よく言われる話、ていうか悪役が永遠を手に入れようとして最後に阻む正義の味方の台詞ってだいたいこんなもんじゃん。

 

死ぬまでは必ず生きている。死んでからそれが生きていたことになる。

 

(裏表というのは概念であって拡張すればなんとでもなるからコインの裏表のような関係ってあまりいいたくないので)

モノポールみたいにそれ1つでは存在しないのだ(今のところ)

 

死んだ、ということは生きていたということだ。

だから愛する何かが死んだだけで悲しみで死ぬようなことはやめて欲しい。

物理的生物的には生命活動を停止したかもしれない。

 

あなたの記憶の中の彼らと生前の彼らはイコールだろう?

あなたが彼らを忘れたとき、彼らは生きていても死んだも同然になるように

彼らがあなたをおいて死んだとき、あなたが彼らを覚えているなら

それは彼らがまだ完全に死んでいないことになる

 

思い出して欲しい、周りを見て欲しい

 

 

 

記憶の中にもあなたの生活の中でも、きっと僕が生きていた証があるはずだから。

 

  

国営セコムがおうちに来た話

特定の企業名が入っていますが全然けなすとかそういう意図はないです。

なんならセコムじゃなくても綜合警備保障とかでもいいと思う。好きな警備会社を入れてね!!

 

国営警備会社。みんな大好きポリスメン。そうそれは警察法2条1項の定めるところにより、個人の生命、身体および財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧および捜査、被疑者の逮捕、交通の取締りその他公共の安全と秩序の維持を責務とする組織、または公務員のことなんです(Wikipediaより一部抜粋)。

 

ぶっちゃけ警察官とかパトカーとか見るとビビるじゃないですか。僕はメチャクソビビるんですけど。ビビるんですけど!!!

 

今回はそんなポリスメンがガチ編成でおうちに来た話をします。

 

今回の登場人物は中3のときからの友人のDくんと警察官のおじさんと警察官のおじさんと警察官のおじさんと警察官のおじさんと警察官のおじさんと警察官のおばさんだ。

Dくんはゲーマーでアホなのだがそれでも気が置けない友人で帰省する度に会っている。たぶん彼女より会っていると思う。お互い彼女はいないので当たり前なのだが。あといつも呼び捨てなのに君付けするのなんかイラつくからDと呼び捨てにする。

警察官のおじさんと警察官のおばさんは初めて会ったので名前も知らないが優しかったのできっといい人なんだろう。人の第一印象で人格をすべて決め付けるのは得策ではないがいい人ということにしておく。

 

事の発端は2017年2月中旬。Dと僕はしょっちゅうSkypeで話している。それはゲームであったり恋愛相談であったりテスト勉強であったりする。この時僕たちは試験勉強とレポートに追われていた。僕は組織学のレポート、Dは進級のかかったテストだ。そこそこ順調に進んでいたがそれでもつらいものはつらい。お互い疲れたら鼓舞するようにしてなんとか半分ほどは凌いだ。

 

ここでアクシデントが起こった。僕がインフルエンザになったのである。しかしDには俺が勉強してるか見ていてくれと頼まれていたのでちょっと話したら寝ようと思っていた。結局三時間ゲームをして寝た。次の日、電話に出ない。その次の日、3時間待たされたあと2時間ゲームをして寝た。

 

もうだめだー(某ラッコ風)

 

だめなのである。無理だ。こいつは学費が500万以上だということを自覚しているのか。してるのか????なあオイ!!!!!見てるかハゲ!!!!!!!!!!童貞!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

失礼。まあこのような心境だった。ガチ切れである。

 

これ以上関わると僕のメンタルが危うい。何を隠そう豆腐メンタルである。しかも一昨年に一回崩れた豆腐を無理やりボンドでくっつけているような状況なのだ。ていうかもう自分の存在意義とか自問自答し始めた。これは自殺案件だしちょっと外界からの連絡を絶って精神を安定させよう。他人はじゃがいも作戦です!ぱんつぁーふぉー!

 

いやぱんつぁーふぉーもクソもないんだけど。

とりあえずスマホSIMカード抜いて隠居したつもりでゆっくりと勉強したりご飯を作ったりしていた。平和であった。

 

しかし平和も長くはなかった。突然の来訪者である。

 

時刻は22時。作戦開始後24時間も経っていない。いやこれDかその友達が来たんか?マジでそういうことするん??とか考えていた。波乱の始まりである。

 

「警視庁○○交番ですがーSさんでしょうかー?」

 

は????????????え?????

 

 

なんかしたっけ??????????????いやだってきょういえからでてないしだってほらえまってなんだけうそまじいやなんもしてないしいやしたかおうだんほどうじゃないとこおとといわたっちゃたっあsfdgshfgmhbんvbnあwrせrつゆgljdんfjg

 

ドアの前で立ち尽くす僕。一歩も動けない。というか腰が抜けて立てん。

 

 

「Sさーん!!!!!だいじょうぶですかー!!!!!!」

 

大丈夫じゃねえよ!!!!!!!!!!!

 

 

 

現在進行形で大丈夫じゃねえよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

主に家の前で警察官がいることが!!!!!!!!!!!!!!!!!

大丈夫じゃない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ガクガクの膝でなんとかドアまでたどり着き鍵を開ける。こんばんはポリスメン。

 

「Sさんですか?立てませんか?」

 

これは驚いただけで大丈夫です。罪状はなんですか?とりあえず弁護士呼んでからでいいですか?

 

「実はですね。通報がありまして。」

 

あー詰んだ。人生詰みましたわ。心当たり無いけど。やっぱり一昨日横断歩道じゃないとこ渡ったからかな。

 

「実は新潟(出身地)からですね。自殺してるかもしれないからと要請がありまして。」

 

はーふんふんそうそうへーふーんじさつねーうんうんこころあたりしかないわー

 

「では服薬や自傷などはしていませんか?」

 

うーんしてない!してなーい!メンタル以外はちょっとぽちゃなあたり以外健康デス。

 

「では大丈夫ですね」「目的の人物と接触しました。自殺及びその兆候は今の所無しです。応援お願いします。」(無線)

 

はぁ????????!?!?!応援?!?!?!まだ来るの!?!?!?!?!?!?まじ?!?!?!?!?

「まだ人来るんですか?!?!」

「一応人の生死が懸かっていますのでできる限りのチームで当たるようになっています。」「はぁそうですか」

 

メンタルが死んだので頓服を飲んだ。薬飲もうとしてもポリスメンは自殺しそうだからって何もさせてくれなかったので最終的に両手上げて薬飲んだ。うーんこの。まあ状況が状況なので仕方ないとは思っている。

 

しばらく玄関で体育座りすると周期的に赤い光を放つものが見えた。あぁ…パトカーまで来たよ…。

 

かと言ってここでヘマをすれば警察で保護からの入院からの休学留年退学は既定路線。できるだけ健常者を装うように心に決めた。

 

「こんばんは〜」

優しそうな私服のおばさんが来た。きっと心理士かカウンセラーだからこの人をなんとかすれば

「刑事です〜」

詰んだ

 

 いやめっちゃいい人っぽいし優しそうなんだけどこの人の裁量で僕は保護されるかもしれない。

そうしたら留年しちゃうかもしれない。退学しちゃうかもしれない。しちゃうかもしれないからしちゃうかもしれない。

 

 

うーん詰んだ。もう詰んだので諦めて淡々と応じるしかない。はあ。

 

この後はテンプレ通りの氏名実家の住所氏名実家の住所後色々あったけど忘れた。

 

 

「ま、元気そうなので安心しました。警視庁ではそういうことの相談も受け付けているので何かあったら来てね!」

 

多分行かないしいけるほどの気力があるうちは相談することもないし。

 

そうして深夜の来訪者たちは去って行った。野次馬でこっちずっと見てた近所のジジイは許さんからな。

 

 

書いているうちにDへの怒りは再燃して来たし遊びまくってすいませんでしたの一言もないしなんなんだ。

結局進級できたしええやろwとか言うし…。

今年度はせめて追試5個だったわwとか言わないで過ごしてほしい。あと警察呼ぶのはやめてほしいマジで。メンタルの追い討ちがハンパないから。

 

でもやっぱりそれなりの事ではちゃんと動いてくれるんだなと思い交通課の理不尽な取り締まりから育まれた偏見は少し和らいだ。

 

 

 

 

 

 

同棲

今年の冬から同棲をはじめた。

名前はヒメちゃん。出会いは夜の新宿である。

少し犯罪臭があるがちゃんと合法的手段を経て住むことになった。

 

そんな中この連休中に大きな出来事があった。

私は連休前半を帰省して過ごしていたので東京に戻って会えるのを楽しみにしていた。

 

夜家に帰ると眠たそうにしているヒメちゃん。

アホヅラ晒して可愛いなぁと思ってると起きてこっちに向かってきた。

 

「私、子供ができたの」

 

あはばばばばばばばば

 

はぁお子さんですか。お相手は?え?うん?やっばり?

 

そういう訳で今ベビー用品を買いに井の頭線で渋谷に向かっている。

 

 

言い忘れたがヒメダカのヒメちゃんである。

ていうか君女の子だったんだね

 

最近

大学始まってここんとこ遊び倒してたせいで勉強がやばいほどできない。手書きA4で20枚って頭丘peopleなんですかね。やっぱ教授とかはやばいわ人間やめてる。落ち着くまで更新できません。ネタはあるんで、あるんで。

我慢の事

ここ痛いですか?

 

医者が僕の体を押す。確かに痛いが耐えられるので痛くないですと言う。冷や汗は滝のようである。

 

1つ目の大学を辞める前の話だ。両親は学校やその類のものを休むことをほぼ許さなかった。唯一残されたのは数値が出る体温のみだった。熱が出るまでは我慢するしかなかった。市販薬を飲んで寝るのが関の山である。

 

話は多分200kBくらい書けるが2つに絞って書く。不整脈が出て要検査をした時と大学生活が終わったきっかけの話だ。

 

まず高1の時、健康診断で要検査に回されてその後の病院でも精密検査に回された。不整脈と言えどもその病状は多岐にわたり生命を脅かすものもある。まあそこまでの話ではないが運動制限がかかったりするのだ。両親は仕事の関係上外傷や精神的なものは知っているがその他はからっきしとなっている。知識はないが誰某は大丈夫だったからお前も大丈夫だ、と言うスタンスであった。大丈夫ではない。

だから要検査だからと行ってやたら病院行くのを嫌がっていた。CT1回で大騒ぎである。そんな無駄金を、昔から走っていただろう、その程度でわかるのか、などなど。もうどうしようもねえなと諦めて治療費だけもらっていた。

 

その後自分で扁桃腺が腫れた時に内科に行ったら金くらい自分で出せと言われた。血液検査をして抗生物質など処方されたので小遣い1ヶ月分が吹き飛んでるし3日後の予約もあるのだが…。自費で当たり前だ、とおっしゃる方もいるだろうしそのことも理解できる。今回の事は事前通告なしの経済制裁である。

 

次なんかやってCTでもとった日には破産するで…なんて考えもあり検査も通院もほとんどしなかったしできなかった。我慢である。

 

そして高3の春がきた。大学生活を万全で始めようとした時に熱だ。ただの風邪と親は言い、実際薬で熱は下がった。しかしリンパの腫れが引かない。いつまでたっても引かないが親は内出血で晴れただのなんだのと言って聞かない。結局そのまま引っ越し、引っ越し先で感染症(完治した)の慢性症状として40℃の熱と肝機能障害にやられた。大学生活は終わった。どう足掻いても出席数で詰みだ。ついでにメンタルが死んだ。雑に死んだがここの話もそのうちする。

 

最近の通院歴と症状は大体慢性なんとかなので今までのツケを清算している状態だ。代償期なだけマシだとは思うが。今もやばくなってから医者に行くのが癖になっている。検査費やらなんやらで時間も金も飛ぶ。そのうちビルから飛びそうである。

 

みんなも少しおかしいなと思ったら医者に行って欲しい。その後に年単位の治療をするより幾分かマシである。予防医学、大切!